思い出に残るものを作りたいなら!オリジナルTシャツ作成がおすすめ

SITEMAP

Original T-shirt

メーカーに依頼する方法の特徴について

男性と女性

オリジナルTシャツの作成は、メーカーに依頼すればオリジナルTシャツを自作するより手間が掛からずに済みます。その上、自作するより失敗する可能性を抑えることもできる上に、オリジナルTシャツの作成を複数枚依頼することもできます。他にも、Tシャツの素材や色を選ぶことができるので、自分で自作するための素材を用意する必要がありません。
また、シルクスクリーンプリントによる印刷方法でプリントを施して一度版を作れば、繰り返し同じデザインのTシャツを割安で作ることが可能となります。けれども、メーカーにオリジナルTシャツの作成を依頼する場合は、基本的にネット経由で注文することになります。そのため、実際に完成品の実物を見ない限りイメージ通りの品かどうかが分からないです。その上、自社工場を持っているメーカーであれば、工場繁忙期に重なると納品が遅くなります。特に、小口注文だと割高になる傾向にあり、版を作る都合は避けられない難点となります。
ちなみに、メーカーによってはTシャツの作成に入る前に、実物の素材とサイズを確認できるメーカーがあります。他にも、繁忙期であっても最短納期で届けるメーカーもあるので、理想のオリジナルTシャツを作成するなら自分に合った業者選びが重要となります。オリジナルTシャツの作成をメーカーに依頼する方法の特徴として、自作するよりも手間を掛けずに済むのが大きなメリットとなります。

イベントTシャツの作成について

オリジナルTシャツは、イベントやチャリティーで必要になった時にメーカーへ作成を依頼することもできます。とはいえ、イベント用にオリジナルTシャツの作成を依頼する場合は、イベントスタッフであることを分かりやすくする必要があります。なぜなら、イベントに参加する団体と同じデザインだと、来場者がスタッフに声を掛けにくくなるからです。なので、イベントスタッフ用のTシャツを作成する場合は、ラフすぎるのと派手すぎるTシャツは好ましくないです。
また、Tシャツの色は、赤や青といった原色系の色なら、子供や高齢者にもスタッフと認識されやすくなります。一方、参加団体用のオリジナルTシャツを作成する際は、個性をアピールするのが最大の目的となるのでTシャツの色とデザインが重要となります。なぜなら、舞台と観客との間に距離がある場合は、Tシャツに細かいデザインが施されても観客からは見えないからです。よって、遠くからでも観客から見えるデザインのTシャツにするには、鮮やかな色でかつサイズが大きいデザインとなります。
ちなみに、団体として他のイベントに参加することがあるなら、同じデザインのTシャツを作ることで団体に統一性を持たせるのがポイントとなります。オリジナルTシャツの作成でイベント用のTシャツを作成するなら、イベントTシャツの作成の実績が豊富であるメーカーに依頼するのがお勧めです。

オリジナルTシャツを着る時の似合う色

オリジナルTシャツはスポーツやイベントの時にみんなで着る事が多いですが、男性と女性で似合う色が異なるので作成する時は注意する必要があります。実際に着てみると見合わなかったという事もよくあるので男性と女性の似合う色をしっかり把握してから作成する必要があります。そこでオリジナルTシャツを着る時の似合う色について見ていく事にしましょう。

■男性は濃い色か青系が似合う
男性は白など明るい色のオリジナルTシャツを着ると明るく見えるので良い印象を与える事が出来ると思われがちですが、明る過ぎて違和感を感じてしまう事もあります。男性は少し控えめな色の方が男らしさが出るので黒や紺など濃い色か青系の色のオリジナルTシャツを着る方が格好良く見えます。

■女性は明るい色が似合う
男性は白など明るい色は違和感を感じてしまう事がありますが、女性は男性に比べて肌が白いので明るい色のオリジナルTシャツを着るとすごく似合います。白でも似合いますが、薄いピンクにすると可愛らしさを出していく事も出来ます。また少し目立ちたいと考えている時は赤のオリジナルTシャツがオススメです。オリジナルTシャツを着る時の似合う色は男性と女性で異なるのでしっかり頭に入れてから作成するようにしましょう。

最新記事

TOP